念願のウルルへ!巨大な一枚岩に心奪われる【オーストラリア回顧録】

<有名なウルルの一枚岩>
⚠️ 現在オーストラリアでは新型コロナウイルスの影響で入国制限等が行われています
⚠️最新の情報にご注意ください

⏬前日の記事はこちら⏬

2018年8月16日(木)−ラウンド23日目

<アリススプリングスの街並み>

【アリススプリングスに到着】

前日の昼頃、ダーウィンを出発しまして、この日の午前中、アリススプリングスに到着!

ここは写真のように岩石でできた丘が街のあちらこちらにあり、周辺も山に囲まれていて、なんだか陸の孤島という感じでした。

少し街を散策した後、荷物を置きに一旦宿へ。

カバンの中にあるパスポートを探します。

……

あれ?

ない?

え?

と、ここでようやく事態のヤバさに気付きます…

そう、パスポートがカバンにないのです💥

はい、やらかしました〜
考えられることはただ一つ。

ダーウィンに滞在した時の宿へ置き忘れ

(後で連絡を取った時に、やはりそうでした😵)

出国まで約2週間でしたから、この時は一瞬パニクりました😂

しかし、ここはもう開き直りです!
この旅では失敗の連続で、変に耐性がついたのかも?🤔

まあきっとなんとかなるさ☆

そんなノリでした(笑)

そして、あまり気にすることなく再び散策です!

アリススプリングスはかなりハエが多く、なかなか不快…
ちょっとこの街に長期滞在はきついなぁという感じでした。

↓道路にはオウム?が結構いました。

日本でも飼っていたオウムが逃げ出して、野生化、そして大量繁殖が問題になっていますが、その類かもしれません。

それからアリススプリングスも、残念ながらほとんど見どころがありませんでした😵

↓アンザックヒルくらいでしたかねぇ

ここから街を一望できましたが、やっぱりちょっと寂しい感じはありますよね…

その後はまた少し街を散策。壁画アートはこの街にもありました😁

こういうの描けるって本当にすごい!
絵心のない自分にとっては全く想像がつかない世界です(笑)

それ以外はホント、何もない感じでしたね😅

あくまでも世界遺産“ウルル”に行くための経由地という感じでしょうか…
まあ自分もそのうちの一人ですがね!

翌日は、その”ウルル”です!!
オーストラリアに来る前から行くことを決めていたので感激でした😌✨


2018年8月16日(木)−ラウンド24日目

<夕日に映える一枚岩>

というわけで、念願のウルル(エアーズ・ロック)に行ってきました!!
一日中いても飽きない素晴らしい絶景でしたよ😌

ウルルから一番近い都市はアリススプリングスで、ツアーなんかも大体ここから出発することが多いです。しかし、片道5時間かかるので日帰りツアーの場合、半分以上は移動ということになりますね…

今回僕が利用したのも日帰りでした。

日程の都合上、どうしても1日しか取れなかったんですよねぇ…
余裕があれば、2泊3日にして、キングスキャニオン(ワタルカ国立公園)にも行きたかったです!

このキングスキャニオンは「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地なんですよ。
映画もドラマも見ていただけに行きたかったんですよねぇ〜

劇中ではこの場所をウルルとして扱ってましたけど、実際には別です。
ウルルはとても神聖な場所だけに、許可が降りなかったと聞いたことがあります。

↓地図を見てもわかるようにウルルからだいぶ離れています。片道3時間半かかるみたいです。

そんなわけで、ツアーだとどちらか一方を日帰りで行くか、両方を2泊3日かけて行くというパターンになるようですね。

さて、だいぶ前置きが長くなりましたが、実際の旅の様子をお届けしましょう!

アリススプリングスを出発したのは朝の6時!
周辺はまだ真っ暗でした😅

朝食をある場所で取って、しばらくバスを走らせます。

【テーブルマウンテンに立ち寄る】

初めに立ち寄った場所がここ。見事なまでに真っ平な岩!

テーブルマウンテンと言われているそうです😄

この辺はこういった特徴的な岩が点在しているみたいですよ💡

その後、再びバスに乗り、しばしの移動です。

【ウルル=カタ・ジュタ国立公園へ!】

そして世界遺産の“ウルル=カタ・ジュタ国立公園”に到着です!
この旅では9つ目の世界遺産となりました😄

まずはこの辺りを散策💡
この日は天候にも恵まれて透き通るような青空でした✨

↓もう、巨岩ばかりで、人と比べても大きさがよくわかると思います😁

この後、少し移動をして、アボリジナルカルチャーセンターという場所を訪れました。
そこではアボリジニーの歴史を学んだり、文化に触れたりしてきました😌

続いて、メインの場所です!
やっぱり間近で見るとその大きさに驚くばかりでした!

ちょっと分かりづらいですけど、写真の右側に登っている人を見ることができます。
そう、当時はまだ登れたんです!

なお、残念ながら僕のツアーには登るオプションが無かったです😅

↓代りに、当時のアボリジニーの生活や文化の様子を聞いて回りました💡

↓この壁なんかは特徴的でしたねぇー

↓こちらはまた少し移動した場所です。

ウルルはちょっと移動しただけでもかなり雰囲気が変わるので、とても魅力的でしたね〜

この後、またバスで移動をして、ウルルの一枚岩がよく見えるスポットへ!

これはもうテレビや雑誌などでもお馴染みの風景ですよね!

数キロ離れていてもこの大きさ、そしてこのフォルム!
美しすぎます😌✨

そんなツアーの目玉はサンセットBBQ&スパークリングワイン!
いやー本当に贅沢なひと時でした💡

時間とともに印象が変わるのも、この場所ならではです。
これがまたとても綺麗で、最高でした👍

ちなみに、この一枚岩は世界で2番目の大きさだそうです!

世界一はと言うと、同じくオーストラリア国内にありまして、マウント・オーガスタス(Mt. Augustus)と呼ばれています。

写真を見ても分かるようにとんでもなくデカいですね(笑)
ウルルの倍あるそうです!

というかもはや普通の山にしか見えない🤣

場所は西オーストラリアにありますが、これまた非常に遠い。
パースからは車で十数時間のようです…

個人的にラウンドするか、ツアーとかじゃないと厳しそうですね😅

それでもやっぱり世界一と聞けば行きたくなりますよね!
機会があったらチャレンジしてみようと思います。

そんなわけで、念願のウルルもこれにて終了!
再び5時間のバス移動です。

宿に戻ってきたのは23時頃。
もうクタクタでした…

しかし、ここで問題が発生!

なんと門が閉まっていて入れない!!

宿に電話しても繋がらない😤
オイオイ…

ちょうど何人か宿泊者がベランダに出ていたので、遠くから叫ぶ!(苦笑)
そしたら状況を把握してくれて助けてくれました!

いやー本当に感謝感謝でした!

といった感じで最後にちょっとトラブルはありましたけど、無事に1日を終えることができました。


2018年8月18日(金)−ラウンド25日目

<独特な雰囲気を醸し出しているカルゲラの看板>

この日は完全に移動日!
午前中にアリススプリングスを発ちまして、一気にアデレードを目指しました!

そんなわけで、ここのパートは体験談というより、立ち寄った街の小噺が中心です💡

【カルゲラ(Kulgera)に到着】

お昼過ぎにカルゲラに到着。まだまだ序盤ですけどね😅

写真のオブジェが印象的でした。
これはシュートッシング(Shoe tossing)と呼ばれるもので、実は街中なんかに行くと高い電線に引っ掛けてあるのをよく見かけます。

↓こんな感じ

これをやる意味は諸説あるそうですが、未だに不明みたいです😁

・いじめっ子がやり始めたものが広がった
・酔っ払いが勢いでやったのが始まり
・ドラッグが売られていることを示す or ギャングの縄張りを示す
・学校の卒業や結婚を祝って行った
・兵士が訓練を終了した際 or 兵役を終了した際に靴を投げたのが起源 などなど

なんかどれもあり得そうですもんね!

まあここに置いてあるのは、ただのオブジェでしょうけど(笑)

そんなカルゲラは、ちっちゃなパブや宿があるくらいで、ホントに何もない感じでした😅

【オパールの都”クーバーペディ”】

19時頃、クーバーペディに到着しました。
ここはオパールの産出で有名なため、世界中から一獲千金を夢見て人々が集まってきます。

ご覧のように、他の街とは違う雰囲気・特徴を持つので、ちょっと観光したかったんですよね〜
既に観光施設は閉まっていて、40分くらい街中を歩いたくらいでした…

街中は普通に家とかお店が並んでいましたが、エアコンが普及していない頃は猛暑を避けるため、地下に居住スペースを設けていたとか。

↓地下教会なんかもあります。

またラウンドする機会があったら、次は必ず観光したいです😌

クーバーペディを後にしてからは、なんか興奮して寝られなかったんですよね(笑)
あるいは、これが最後の長距離バス移動だったので、名残惜しかったのかもしれません😁

アデレードに近づく頃、ようやく少し眠りにつくのでした。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です