タスマニアの大自然とポート・アーサーは最高【オーストラリア回顧録】

<ポート・アーサー>
⚠️ 現在オーストラリアでは新型コロナウイルスの影響で入国制限等が行われています
⚠️最新の情報にご注意ください

僕はワーホリでオーストラリアを訪れ、最後にラウンドをしました🙃

その旅の様子を「オーストラリア回顧録」としてまとめてみましたので、興味があったら読んでみてください♪

2018年7月25日(水)ーラウンド1日目

<ブリスベン上空写真>

約10ヶ月住んでいたブリスベンに別れを告げた日です。

空港までの電車内でふと、オーストラリアにやって来た時のことを思い出していました。

「ブリスベン空港からホームステイ宅まで運んでもらうか悩んだ末、頼んだんだよなぁ」と。

この時思ったのは、やはりそんなに大したことはない。
そこに結構お金がかかっていたことを思うと悔しい…チキショー(笑)

そんなくだらない思いを胸に秘め、最初の目的地タスマニアへと向かうのでありました😏

【やっぱり寒いタスマニア】

北部のローンセストンという都市に降り立ったんですが、まあ寒いこと!
あわよくば空港泊なんかをいきなりやってみようか!とか思っていた自分が恥ずかしい…

それもそのはず、7月と言えば、オーストラリアでは真冬です。
しかもタスマニアは最南端だけあってやはり寒い。

おまけに周りは何もない😂

慌てて宿を探しつつ、中心部まで移動するハメになりましたとさ。

利用したのは乗合バス。
ドライバーはお姉さんでしたが、これがまぁ飛ばす飛ばす(笑)

乗っていたメンバーの中で僕が一番最後でしたが、すぐ宿に着いた記憶があります😁

というわけで、この日は基本的に移動だけという感じですね。

ブリスベンへの変な名残り惜しさとローンセストンの寒さを感じながら、明日からの観光に心躍らせるのでありました。


2018年7月26日(木)ーラウンド2日目

<ローンセストンにて>

この日はだいぶ予定を変更して、ローンセストンの街を探索することに😲

【世界遺産のクレイドル・マウンテンを諦める】

タスマニアには世界遺産が2つあって、1つはこのクレイドル・マウンテン。
もう1つはポート・アーサー。

位置関係はこんな感じ↓

結構離れてますよね?

タスマニアって北海道より一回り小さいくらいですから遠いんですよ💥

ちなみに正確に言えば、クレイドル・マウンテンは世界遺産の一部で、南に位置するサウスウエスト国立公園なんかも全部ひっくるめて世界遺産なんです。

そもそも今回の旅は1つでも多くの世界遺産を回るという謎の目標を立ててたんですけど、どうにもこうにも2つ回れないということに気づき、悩んだ末、クレイドル・マウンテンを切ったんですよねー😩

それもこれも過密日程すぎた(ほぼ3日で回ろうとした)のが失敗でしたわ…

ちなみにクレイドル・マウンテンってこんな感じだとか↓

いやぁ最高じゃんねぇ!!

行きたかったなぁ…ただ、山というだけあって天気は変わりやすく、晴れていても雨具は必須みたいです。この写真のように良い天気に恵まれるのも珍しいかもしれませんね〜

そんなわけで、翌日ポート・アーサーに行くことを決定し、この日はローンセストンの街ぶらとなったわけです。

でも、よくよく考えると、ポート・アーサーってオーストラリアに点在する囚人遺跡群の1つなんですよ。この囚人遺跡群すべてが世界遺産なので、もし他の地域で回って、クレイドル・マウンテンに行っていたら世界遺産2つ回れてたことになるのよね…

なので、ちょっと後悔…やっぱまたタスマニア行くしかないなw

あ、でもポート・アーサーもすごく良かったです!
負け惜しみとかでなく本当にw

【ローンセストンはヨーロピアン調の街並み】

どうです?お洒落ですよね〜

街中はどこもこのような建物で見てるだけでも楽しかったです😁

↓この時計台のある建物は郵便局&観光案内所なんですよ。

15分ごとにチャイムが鳴るようになっています。
1909年に作られてずっと現役なんだから凄いですよね!街のシンボルです!

続きましてサルです、はい。しかもニホンザルw

昔、大阪の池田市とここローンセストンが姉妹都市となって、記念に送られたんだとか😀
シティ・パークという結構大きめの公園にいて、無料で見ることが出きました♪

海外でニホンザルが見れるとは思わなかったので、ちょっと得した気分でしたね!

シティ・パークのそばには川が流れていて、そこを渡ってすぐくらいにあるのがクイーンビクトリア美術館・アートギャラリーです↓

結構敷地が広くて、ゆっくりしてると半日くらいはあっという間に過ぎてしまう感じですw

オーストラリアはどこも美術館や博物館が多いんですけど、ローンセストンもかなり多いイメージがありましたね。ただし営業時間が16時とか17時くらいまでで、だいたい早いです🤣

ローンセストンを観光する際はお気をつけくださいw

そんな感じでこの日は1日ゆっくりと市内を回りました。
お洒落な街並みと自然の豊かさを肌で感じ、リラックスすることができました😌


2018年7月27日(金)ーラウンド3日目

<ホバートにある印象的な船>

この日は一気に世界遺産の“ポート・アーサー”(囚人遺跡群)を目指しました!

【タスマニアはジブリ好きにはたまらない!?】

なかなか絵になりますよね?この川はめっちゃ汚かったけどw

このタスマニアと海を隔てたお隣のメルボルンは「魔女の宅急便」の舞台と言われています💡

街中を歩いていて「あー確かに!」と思うことが結構ありましたね😁

この日は一旦ホバートまで出て、目的地のポート・アーサーまで向かったんですが、途中のROSSという小さな街にキキが働いていたパン屋さんのモデルがあるんです。

出典:LINE トラベル jp

まさに映画のあのまんま!って感じですよね!
ジブリ好きなら必見でしょう☺️

地図でもわかる通り、場所はローンセストンとホバートの間くらいです。

ただ、この辺は周りに観光地がなく、お店も数えるほどしかないとか…
そんなわけで、ツアーとかも組まれていないんですよねぇ。

行くとしたらレンタカーあるいはタクシーを使う感じになります。

僕はというと、時間がそんなになかったので行くことはなかったです😅

長距離バスを使ってローンセストンからホバートまで直行しました。

【港町 “ホバート” に到着】

この日の午後、ホバートに到着!

少し小雨が降っていて嫌な感じでしたが、時間が経つにつれ回復していきました😄

虹なんかも出て得した気分♪

港町というだけでおしゃれな感じですが、建物なんかもちょっとレトロで良い感じですよね✨

そんなタスマニアでやろうと思っていたのはシーフードを食べること!

寒い地域だからシーフードは絶対美味しいだろうと予想をしていました。
その期待を裏切らない素晴らしい味でした😋

ホバートにいたのはかれこれ3時間くらい。
夕方くらいにまたバスに乗ってポート・アーサーを目指します。

シティ周辺までは、学生さん中心に多くの人が乗っていてとても賑やかな感じでした。
しかし、ポート・アーサーに近づくにつれ、どんどん乗客が減り、民家も少なくなっていきました。
もう完全にへき地と言っていいでしょうね(笑)

それにしてもタスマニアは広くて交通の便も悪いので、もうほんと移動が大変です💦

やっとの思いで、この日の宿舎に辿り着いたのでした😵

【ゴーストツアーに参加してみたよ】

なぜこの日無理にでも、ポート・アーサーまで来たかと言えば、ゴーストツアーなるものがあったから😆

90分で2,000円くらいだったので迷わず申し込みました👍

僕が参加したのは20:30スタートの方。しかし予想以上に暗くて、あまり良い写真が撮れなかったのが残念ですね。良い感じで撮れたのは上のランタンくらい😓

調べたら動画が出てきたので、なんとなく雰囲気は伝わるかなぁと思います⬇️

遅い時間にも関わらず、参加者は結構いたんですよね〜こういったツアーってあんまりないから人気なのかもしれませんね!

あ、ツアー自体は英語でした。ガイドさん早口でほとんど聞き取れず(苦笑)

まあそれでもドキドキ感とか恐怖感とか十分楽しめましたよ!

最後に記念のポストカードを受け取って解散になりました🙂


2018年7月27日(金)ーラウンド4日目

<ポート・アーサーのタレットタワー>

この日は、早くもタスマニアを離れる日😢

前日からポート・アーサーに来ているわけですが、ゴーストツアー(ナイトツアー)に参加しただけだったので、まだ詳しくは見ていません😅

そんなわけで、この日はまず、ポート・アーサーを見て回ろうと決めました。

また、調べてみるとホバートのサラマンカ・マーケットは毎週土曜にマーケットをやっているとのこと。ちょうどこの日は土曜日!

こりゃあ行くしかない!

そう思いまして、ちょっと面倒くさいんですが、一度ホバートに出て、夕方、空港へ引き返すことにしたんです。こんな感じで↓

【遺跡にテンションが上がる】

アイキャッチ画像にも据えましたが…いやぁたまらん!!

って感じでテンション上がりました⤴︎⤴︎

規模は全然違いますが、昔、卒業旅行でイタリアのポンペイ遺跡に行ったことがあるんですね。
その時もやっぱりテンション上がりましたねー

なんなんですかね、このなんとも言えない遺跡の持つパワーというのは?🤣

ちなみに施設内には様々な建物跡があって、小さな街があると言ってもいいかもしれません💡

↓これは教会跡ですね。

火事で焼けてしまったので、外壁だけとなってしまいましたが、それでも立派ですよね!

病院や交番、郵便局もあり、また、職員が住む家なんかも再現されていて当時の様子を垣間見ることができます。

なかなかレトロで良い感じですよね😏

とは言え、ここは囚人遺跡です。

↓メインの建物はここですね。

下の階ほど重い罪の受刑者が収監されていたとか。
建物内には食堂や図書館もあり、500人以上収容できる施設なのでかなり大きかったです!

↓こちらは上の施設から少し移動したところにある、より罪の重い受刑者が生活していた独居房

1日23時間はこの部屋で過ごすとか…どんだけ重い罪を犯したんだよ😵

同じ建物内には教会もあります。ここで受刑者たちは懺悔したんでしょうか。
あ、でも職員や軍人なんかも結構居たみたいです。

一般的に使われていた可能性もありますね。

そんなわけで、朝早く回っただけあって、ほとんど誰も居なくて快適でした(笑)

【ポート・アーサーで事件は起こった】

じゃあそろそろバスに乗ってホバートへ向かおうと停留所へ。

しかし、待てども来ない…あれ?

もう定刻も過ぎている😨

だんだんと焦る俺氏(笑)

ひょっとして乗り場が違うのか!?

確かにバスを降りた場所と全然違う…

もうそれに賭けるしかない!💦
急いでその場所へ!

でもやっぱり来ない…しばらくその場で呆然と立ち尽くす。

数百メートル先を横切るバス

ん?

え?いやいやいや😱

やっぱり乗り場合ってたし!!!

マジふざけんなしwww

しかし追いつける距離ではなかった…

うおぉぉぉぉぉぉぉ😭

はい、完全にやってしまいましたw

乗り遅れでございます。チーン…

えー次のバスはというと…夕方ですね、はい。

ふははははは、もう笑うしかない🤣

もうこれは軟禁状態と言ってもいいでしょ😂

さすが脱出不可能と言われる刑務所だぜ…本気出してきやがったな!

えー…そんなわけで時間を潰すには、これしかないですよね。

ポート・アーサーおかわりタイム!www

もうね、さっき見れなかった場所も、くまなく見ることができましたよ、ええw

いやぁもうお腹いっぱいだよ☆
それでも時間余ったからなぁ(苦笑)

どうにかこうにか時間を潰しまして、再び停留所へ

いやーちょっとドキドキしましたw
これ逃したら飛行機も乗れないし、泊まる場所もないのでw

でも今度は時間通り来ました!!

いやー助かったぁ…そんなわけでバスに乗り込みます。

思わぬ副産物は、バスの中から見ることができた夕日ですかね😀

こんな綺麗なの見たことあったかな?というくらい凄かったです!
うまく写真に収められなかったのが残念です…皆さんにもお見せできないですしね💥

とまあ途中そんな嬉しいこともあったわけです。

バスに揺られること1時間ほど。すっかり安心しきってたんですが、ふと、ホバートから空港まで行くバスは何時があるんだろう?と思って調べたんです。

明日までない!

は?

再び焦りだす俺氏(本日2回目)

まあ今考えて見れば、タクシーで行く手があったんですよねぇー

ただ、やっぱり焦っていたので、とっさに思いついたのは空港近くで途中下車でした。
運転手さんに急遽それを伝えて空港近くで降りました。

でもこれまた鬼畜な場所だったんですよw
正規のバス停所のはずなのにw

日本で言うところの自動車専用道みたいな感じだったんで、みんな飛ばす飛ばすw

自分は横の草むらを歩くしかない。
でもすぐ横を車が通るからマジで危ない!

これはちょっと死ぬかと思いましたよ…

数分ほど歩くと道が分かれてそこからは車が少なくなりまして一安心。

が、今度はその道の暗さ!

いやーマジで怖い!
前日のゴーストツアーの比じゃねぇわホント!!

というのかこの道で大丈夫なのだろうか…

もう辿り着けなかったら終了〜って感じだったので、祈りながら進みましたね😂

いやー無事に着きました😵

結局、ホバートに行かず直接空港に向かったのでだいぶ早く着きました。
やっとこさ安堵の瞬間です。

2時間以上空港にいましたかね。
携帯もしっかり充電して準備万端です。

さーてそろそろ良い時間だなと思って手荷物検査へ。

何やら検査官が焦っている。

「お前の名前さっき何度も呼んだんだけど!急げ急げ!」

へ?

再び焦りだす俺氏(本日3回目)

え、マジか!全然気づかなかった…ごめんよ💦

これ、後になって気づいたんですけど、搭乗時間が30分くらい前倒しになってたんですよ。

遅れることはあっても前倒しになることは驚きでした⚠️

そんなわけで急いで荷物チェックです。

でもこういう時に限って引っかかるw
しかも2回🤣

眉切りバサミってあるじゃないですか?
どうもそれがダメだったんですよねぇ

検査員が大忙しでそれを探します。
もうバッグの中めちゃくちゃwww

やっとのことで取り出して「没収なんだけどいい?」
と聞くので即答で「イエス」とだけ言って搭乗ゲートへ走りました。

まあどうにかこうにか間に合いましたが、みんなの視線が痛かったですわ😅

もう皆さんには十分に伝わったと思います。

タスマニアを旅行する時は必ずレンタカーかツアーで行きましょう。

絶対に自力で移動しようと思っちゃダメです!!

僕のように地獄を見ますからねw

【メルボルン空港へ到着】

そんなこんなでついにメルボルンに到着しました。

いやぁもうこの日はホント色々ありすぎて、とんでもない日だった…

これ全部1日で起こったことですからね?w

でもまあ生きてて良かったですよ、ええ。
これが一番大事でしょ!

そんなことを思いつつ、メルボルン空港で初の空港泊をするのでした。

つづく

参考:もしタスマニアで旅を計画するなら

というわけで今回、旅のスタートはタスマニアとなったわけですが、最初っからめちゃくちゃプランでした😂

それは実質3日で島内を回ろうとしていたのです。
今思うとホント無謀です。いやぁー馬鹿ですね(笑)

タスマニアがどれがけ大きいかと言えば、北海道のおよそ4/5です!

しかも島内は電車が通っておらず、バスも行き先によってはかなり少ないです…

結局こういった情報を前もって調べず、「ま、なんとかなるんじゃね?」と軽い気持ちでいたわけですね。

これが先ほどの大失敗に繋がったわけです…
細かな計画は二の次としても、やはり情報収集はとても大事ですね!

タスマニアの細かい観光情報はこちらが参考になるかと思います!
ご参考まで💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です