アボリジニー文化の残るダーウィンを観光!【オーストラリア回顧録】

<日本軍によるダーウィン爆撃地>
⚠️ 現在オーストラリアでは新型コロナウイルスの影響で入国制限等が行われています
⚠️最新の情報にご注意ください

⏬前日の記事はこちら⏬

2018年8月13日(月)−ラウンド20日目

<ダーウィン空港前にあるアボリジニーアート>

このラウンドも20日目となり、折り返しも過ぎました!

この日はケアンズを離れてダーウィンへと飛びましたよ😄

【ケアンズでドタバタ劇の出発】

宿から空港まではバスを使おうと思ったんですが、ちょうど良いのがなくて歩いて行くことに😅

冬とは言え、やはり暑い!

そして歩いてて気がつきましたが、結構時間が押している…

所々、走る。

さらに暑くなる!!

なかなかの地獄でした。軽く1時間以上は歩きましたね。

とりあえず出発時間ギリギリに空港前に到着。
が、しかし、どうも自分のいる場所から空港内に入れそうにない💦

ちゃんとマップの示すルート通りに来たのに…くそぉ

近くにいた人に聞いたら
「こっからは行けないよ。急いでいるならタクシーを使いなよ」
という回答。

いやーこっからはすごい焦りましたわ!

少し道を引き返す途中で、運よくタクシーを発見!
行き先を告げて、もうあとは間に合うことを祈るしかありません…

そして空港に到着。

…いやぁなんとか間に合いました😩

汗びっしょりのまま飛行機に乗りましたわ(笑)

実を言うと、このオーストラリアに来た時もケアンズで乗り継ぎだったんですが、やらかして乗り遅れをやった経験があるんです。

その時は、ジェットスターさんの計らいで、なんと無料で違う便を手配してくれたのです😢
もう感謝しかありません🙇‍♂️

で、約1年経ってもこのザマです(苦笑)

理由は違いますが、自分の時間管理のダメさが出ています…

とりあえず今回も間に合って良かったです😥

【猛暑のダーウィンにやって来た!】

ダーウィン空港に到着!

空港はすごく綺麗で、他の空港と比べても一番新しく見えました😲
失礼ながら、もっと古い感じを想像していました。

そして空港の周辺はトップ画や上の写真のようにアボリジニー感全開でした!

そう、この辺りはアボリジニー文化が強く根付いています。
やはり雰囲気もずいぶん変わりますね!

ただ、空港の周りは何にもないので、とりあえず宿のある中心部までバスで移動です!

暑さのせいでしょうか、割と近くで山火事が起きてました。
日本のような湿気はなくとも、空気自体がもう暑くて、日も刺すような感じでしたからね。

特に自分は2週間くらい前までは真冬のタスマニアにいたわけですから、体調がおかしくなりそうでした😅

そんなこんなで到着!

やはり中心地ともなれば活気があります!

一旦、荷物を置いて少し街中を散策してみました😀

もうすっかり薄暮の雰囲気でしたね!
夕日が美しかったです✨

↓こちらは海辺近くにある街の様子。

“水の街”という感じで景観が良かったです!

全体的には穏やかな場所という印象を持ちましたね💡

そんなダーウィンにはこの日を含めて3日間滞在をします😌

とりあえず翌日は朝から精力的に動きますよ!


2018年8月14日(火)−ラウンド21日目

<市民公園(Civic Park)内のオブジェ>

この日は終日、ダーウィン市内を観光しました😁

【日本軍が爆撃した街”ダーウィン”】

ストークスヒル(Stokes Hill Wharf)

この日はまず、ストークスヒルへ。(地図①)

ここはダーウィンの南端部ですね。
朝日を見ながらの散歩でした😁

この辺りは「のどかな港町」という感じなんですが、かつては日本軍が空爆した土地でもあります。犠牲者もおり、街のあちこちに当時の様子を伝える写真や像があります。

正直自分はこの土地に来るまで、その事実を知らず恥ずかしかったですね。
これは日本人が知っておくべき負の歴史だと思いました。

バイセンテニアル公園

その後も引き続き海沿いを散歩して、バイセンテニアル公園に少し立ち寄りました。(地図②)

ここだけでもかなり広いので、この日は南の方だけです😅

ここからの眺めは綺麗でしたね!
ダーウィン滞在中、毎日来ました(笑)

その後は街中へと移動。
↓オーストラリアではお馴染みの壁画アートですね。

ダーウィンも至る所にありました😌

図書館などに立ち寄る

続いて図書館や政府機関の施設を少し見学。最高裁判所もありましたね!(地図③)

市民公園(Civic Park)

施設を出た後は市民公園へ。(地図④)

ここは夜になると、催し物があるようです。
ただ、僕が行った時は平日だったからか、行われていませんでした…

まあアボリジニーっぽい雰囲気はちょっと楽しめたので良しとします!

北部準州美術館

ここからは結構歩きまして、北部準州美術館へ。(地図⑤)
この日のメインはここでしたね!

もうほとんどがアボリジニーアートです✨

あと、この辺で有名なのは真珠ですね!
↓貝をくり抜いて作ったボタンがオシャレ!

平日だけあってほとんど人がいなかったです(笑)
いやー快適快適😏

↓アボリジニーアートと言えば細かなドット。作るのがすごく大変そう😅

そんな感じですっかり満喫しました!

↓この辺りからの景色も良かったなぁー

その後は近くの植物園に少し立ち寄りました。(地図⑥)
ここだけでもすごく広かったです😲

ミンディルビーチ

そして夕日が綺麗というミンディルビーチへ!(地図⑦)

写真だとちょっとわかりづらいんですけどね〜確かに、すごく綺麗でしたよ✨
地元の人とかも結構いました!

バーネットハウス(Burnett House)

最後に訪れたのはバーネットハウスという建築遺産です。(地図⑧)
高床式の住居が特徴的でしたね!

ただ、自分が行った時には既に閉まっていて中は見れませんでした…ちょっと残念😵

そんな感じでかなーり駆け足でしたが、この日の観光は終わりです!
まあ主要なところは回ったはず。満足満足😁


2018年8月15日(水)ーラウンド22日目

<バイセンテニアル公園内の大砲>

【いざ、アリススプリングスへ!】

この日はダーウィンからアリススプリングスに移動する日!
1,500km、15時間以上の大移動でした😅

ただ、出発は昼くらいだったので、それまでまた少しダーウィンを散策😊

この滞在ではもうお馴染みとなったバイセンテニアル公園。

ここの美しい海ともおさらばです…

ちょっとだけ街中も散策。

まあ残念ながらダーウィンはそこまで観光スポットがないのです😅

でも、世界遺産があるんですよ!カカドゥ国立公園という。

ただ、結構離れていて、片道2時間以上を要します。
また、公園自体も広大なのでツアーは丸1日がかりですね😅

時間がかかるのと、そこまで興味をそそらなかったので結局行きませんでした(笑)

ただ、この記事を書いている時に改めてカカドゥの写真を見ると、結構魅力があるんですよね😅

自分は自然が好きなんで、たまらないです!

あと有名なのはクロコダイル!

この公園だけでなく、ダーウィン市内にも施設はありました!
でもクロコダイルはそんなに興味ないという(笑)

確かそれも決め手で、カカドゥは止めた記憶があります😂

そんなダーウィン観光ではありましたが、割とゆっくり過ごせたので、これはこれで良かったかなと思っています😌

そんなわけで、アリススプリングスへ向け出発!

しかし、ここであることに気付きます。

自分のパスポートが見当たらない…
普段、財布にしまっているのですが、そこにはない…

ただ、僕はよくカバンの中に放り込む癖があったんです。

そんなわけで「今回もカバンのどっかに入っているんだろう」と思ってスルーしました。

しかしこれが後ほど大変なことを引き起こすこととも知らずに…

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です