海も山も街も!シドニーは世界に誇る観光都市【オーストラリア回顧録】

<ダーリング・ハーバーからの夜景>
⚠️ 現在オーストラリアでは新型コロナウイルスの影響で入国制限等が行われています
⚠️最新の情報にご注意ください

2018年8月1日(水)ーラウンド8日目

<ブルーマウンテンズ>

前日はメルボルンからずっと移動でシドニーには夜着きました💦
一方、この日は朝から精力的に動きましたよ😁

⏬メルボルン編はこちら⏬

【世界遺産「ブルーマウンテンズ」へ】

ブルーマウンテンズはシティから西へ80km移動したところにあります。(地図参照)

車だと2時間ほど。電車でも行くことができます!

ここにはツアーを利用して行ってきました!
これで計3つ目の世界遺産です💡

なぜ、ブルーかと言えば…ユーカリの葉っぱからは揮発性のある油が分泌されていて、それが日の光に照らされると青みがかって見えるのだとか😲

この日のガイドさんは現地のオージーでした。

だけど、福井県に留学してたこともあり、日本語ペラペラ!
それに、めちゃくちゃ面白い人だった🤣

車に揺られること2時間。道中いろんな話で盛り上がりました!

そして目的地へ到着!

着いて興奮しました!
もう圧巻のパノラマです!

冒頭にも載せましたが、写真だとなかなか伝わり切らないんですよね…
それがちょっと残念ではあります😟

そんなわけで、ぜひこの観光地はご自身の目で見てほしいと思います!

ガイドさん曰く、この日は若干、山火事の影響で白みがかっていたそうですが、全く気にならなかったです😁

高いところは苦手ですが、断崖絶壁の所で写真を撮ってもらいました…

というよりガイドさんがすごい勧めてきた!(笑)

これ本当に下、何にも無いですからね😅

写真撮影が終わってから「まあ危ないけど、死ぬのは僕じゃないから」みたいなことを言っていました。
その辺のノリはやっぱオージーだなと感じました🤣

その後は有名な”奇岩”、スリーシスターズを見ました!

このスリーシスターズには、アボリジニーに伝わる伝説があるんだとか💡

ガイドさんから聞いた話だと…

その昔、魔物から3姉妹を守ろうと、父親が魔法の杖を使って娘たちを岩に変え、自らも鳥の姿に。
ところが飛んでいる時にうっかりその杖を落として、みんな元に戻れなくなってしまったという。
今でも父親はその魔法の杖を探し続けているとのこと。 

おい、父親!って感じですよね(笑)

あとゲームとかでありそうな設定😏

調べてみるともう1つストーリーがありました💡

その昔、ある村に3姉妹が住んでいて、他の村の3兄弟とそれぞれ恋に落ち、結婚するつもりでした。
しかし、村の掟でそれは禁止されており、長老が阻止するために3姉妹を岩に変えてしまったのです。
その後、長老はその男たちと争い、殺されてしまう。
結果、3姉妹は元の姿には戻れなくなったということです。

うん、まあどちらにしてもバッドエンドというね(苦笑)

その後は近くの街でガイドさんおすすめのミートパイを食べたり、買い物をしたりしてシティまで戻ってきました。

降りるところはいくつか候補があったので、ロックス(The Rocks)へ。

ここは「オーストラリア開拓の最初の場所」ということもあって、歴史的な建物も多く残っていました。

ざっくりと見て回ったあと、一度宿に戻り、夕食を済ませました。

【シドニーの夜景にテンションが上がる】

そのあと夜景を見に再び市街地へ。

写真はダーリング・ハーバー(Darling Harbour)周辺です。
先程のロックスからは南へ1kmほど移動した辺りですね。

めちゃくちゃ綺麗ですよね!もう写真撮りまくった(笑)

テンションも上がりまくって「よっしオペラハウスの方も行こう!」
と思って走り出した瞬間、思っくそコケましたわwww

自転車専用レーンがあったんですけど、車道と自転車道の間を分離するブロックに全く気づかず、つまづいたわけですw

ガシャーンって感じの結構な音が出たんで、近くを通りかかった自転車の人に「大丈夫か?」と声を掛けられるほどでした🤣

持っていた携帯もバッキバキにwww

もうこの日は痛みが強く、結局宿に引き返すハメに…
2週間くらい肋骨の痛みが引かなかったのでヒビとか入っていたかも?😅

そんなわけで、オペラハウスの夜景が撮れなかったのはちょっと心残りですねぇ…

しかし、この旅はとにかく失敗の連続なんでだいぶ免疫がつきましたよ😏

翌日はシドニーの街を練り歩きます👍👍👍


2018年8月2日(木)ーラウンド9日目

<夜のオペラハウス>

この日でシドニー観光も終わりです!
そんなわけで駆け足気味にたくさん観光地を回りましたよ😁

【回りに回った市内観光】

とにかく時間が無かったので分刻みのスケジュールでした(笑)

ボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)

シティからすぐ行けるビーチと言えばここでしょう!都会なのに本当に綺麗な海です✨

10ヶ月住んでいたブリスベンの汚い海とは大違いよ!(笑)

この辺りを少し散策して、しばしリラックス😌

中には普通に泳いでいる人もいましたねぇ。冬でも日中は温暖だからできるんでしょうね。それでも寒いとは思うけど😅

バスの時刻を見計らって次の目的地へ。

パディントン(Paddington)

パディントンはアーティストやデザイナーが集まる文化的な場所と言われています。

写真でもお分かりのように、カラフルな建物が印象的でオシャレですよね😀

また、多くのセレクトショップがあり、ショッピングをするのにも良いと思います!

僕は外観を眺めるだけでも十分でしたが😏

シドニーの中華街

各都市を訪れるだびに中華街に行ってる気がします(笑)

門構えと通りの雰囲気が好きなんですよねぇー

そんなわけで、シドニーの中華街にも寄ってきたわけです😁

セントメリーズ大聖堂(St Mary’s Cathedral)

↑このハイド・パークを通りまして、セントメリーズ大聖堂へと進みました。

やっぱり教会って素敵ですよね!
↓外観は壮大

↓内装も心が奪われる感じです。

特に、光の差し込み具合が最高でした!

この後、ボタニックガーデンに向かったのですが、1つ失敗だったのはハイド・パーク・バラック(Hyde Park Barracks)という囚人遺跡群に立ち寄らなかったこと😵

オーストラリアにはいくつか囚人遺跡群があって、全てまとめて世界遺産になっています。

今回の旅では1つでも多くの世界遺産を回るという目標があったんです。

一応、タスマニアの囚人遺跡群であるポート・アーサーには立ち寄ったので、世界遺産のカウントは変わらないですけど、こんなに近くを通っていたなら行きたかった😱

まあ裏を返せば、それだけシドニーは観光スポットが多いということなんですけどねぇ😓

王立植物園(Royal Botanic Garden)

というわけで、ボタニックガーデンです。

ここはかなりの広さでした!あと、冬でも結構花が咲いていて十分に楽しめました!

メルボルンのボタニックガーデンも広かったんですが、やはり地域柄寒く、ほとんど花は咲いていなかったんですよ。それもあって何だか得した気分でした👍

ロックス(The rocks)

ボタニックガーデンからサキュラーキーを経由して一旦、ロックスへ。この辺りからオペラハウスを眺めると写真のようなアングルになります🙃

そしてこの場所に現代美術館があったので立ち寄りました💡

やっぱりねぇアボリジニーアートが好きなんですよね😁

あとちょっとジブリ感が良い(笑)

サーキュラーキー(Circular Quay)

そして最後はサーキュラーキーでしたねぇー

ハーバーブリッジも本当に絵になります✨

前日の夜、観光してる途中で転び、宿に引き返したので、この辺りの夜景は撮れなかったんですよ…
それが何よりも残念💥

そんなわけで、この日のトップ画は自分で撮ったものではありません😅

名残惜しかったですが、バスの出発時間が迫っていたため、この地を後にしました。

そしてシドニー観光もおしまい!
やっぱり2泊3日だと相当駆け足になりますね(苦笑)

でも3泊4日あれば主要なところは全て回れる感じがしました!
シドニー観光を考えている方はご参考まで💡

つづく

参考:もし王道の観光スポットに飽きたら

今回の記事で、シドニーにはたくさんの観光名所があることをおわかり頂けたと思います。

しかし、中にはシドニーを何度も訪れ「王道の観光スポットに飽きてしまった!」なんて方もいるかもしれませんね。

そんな方におすすめしたいのは以下の記事です。

市街地でも意外と知られていない場所があったり、郊外では一風変わった場所があったりと新たな発見があるかもしれません。

参考にしていただければと思います😌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です