巣ごもりは究極の節約生活に繋がる【コロナ禍をうまく乗り切る方法】

今日は”巣ごもり”による節約を紹介したいと思います😁

どれだけシンプルな暮らしを送れるか

僕は現在、実家暮らしをしていて、最近はブログの記事作成に明け暮れている毎日です(笑)

他の仕事もちょっとだけやっていますが、ほぼブログ作業が中心です。

いわゆる巣ごもり状態ですね😅

この生活の良いところといえば、出費がほとんど発生しないという点です。

ちょうど今だとコロナウイルスの影響もあり、仕事以外の時は巣ごもりだったり、企業によってはテレワークが可能で、ほぼ巣ごもり状態になっている人もいるかもしれません。

もちろんコロナは一日でも早く終息して、今まで通りの生活に戻る方が良いですよね。

しかし一方で、こういう時は普段の生活の振り返りや見直しをする大チャンスでもあります。

変な話、東日本大震災の後も似たようなことがありました。

あの時は、電力供給がままならなくなって計画停電がありましたよね?
多くの人が電気を大事にしようとしたり、少しでも節電を心掛けたのではないでしょうか?

(まあ実際には強制的に電気を止められてしまいましたから、節電するしかなかったという部分もありますけど…)

また、街中や駅の照明なんかも一部使わないようにして節電していましたよね。

一部では、暗すぎて防犯的にもちょっと危ないところがありましたけど、一方で、あれ?意外とこの暗さでも問題ないかも?気にならないかも?と思った人も多かったのではないでしょうか?

あるいは省エネ効果の高いLED照明が一気に広がった時期だったかなと思います。

つまり、今まで当たり前、普通だと思っていることの中に必要以上の便利、要は無駄が隠れていたりするんですよね。

ですから、今回のコロナも東日本大震災の時と同様に、普段当たり前のようにやっている自分自身の生活を見直して、無駄をあぶり出すチャンスだったりするのです。

無駄を削り、シンプルな生活を送ることが自然と節約に繋がっていきます💡

0円生活を送ってみよう!

もし0円で生活できるなら、それは究極の節約ですね?

もちろん生活をする以上、毎日を0円で過ごすことは不可能です。
僕自身、巣ごもりと言えども、ちょっとした買い物や交通費は発生します。

しかし、3日に1回くらいは全くお金を使わない日があるんですよ!

こういう風に「何日かに1回くらいは全くお金を使わない」ということなら皆さんもできるはずです。

1週間に1回でも、1ヶ月に1回でも良いんです。

例えば、現代だと週休2日で仕事にあたっている人が多いかと思います。

2日ある休日のうち、どちらか1日だけで良いので、0円生活にしてみるのです。

そしてもう1日は、少しだけ奮発をして何か欲しいものを買ったり、家族サービスに当ててみてはいかがでしょうか?

あるいはすぐに使わず、数ヶ月に渡って続ければ、節約したお金も結構な額となります。
家族旅行だったり、ちょっと高めの買い物に使うなんていうのも良いかもしれません。

なんとなくお金を使ったり、中途半端に節約をするよりも、使う時は使う、使わない時は使わないというようにハッキリした方が節約効果はより高まるはずです。

また、生活にもメリハリがついて、毎日を有意義に過ごせるのではないでしょうか。

意外とメリットが多いのでオススメですよ♪

まとめ

今日の記事をまとめると…

  • シンプルな生活を送ることが節約に繋がる
  • 0円生活で節約効果を高めることができる

ということです。

いかがでしょうか?特別難しいことはないですよね?
ちょっと行動を変えればそれが節約へと繋がっていくということなんです💡

現在、コロナウイルスが猛威を奮っていて脅威ではあります。

しかしピンチはチャンスでもあります。
こういう時だからこそ、できることもあるのです。

今できることをしっかり行って、その先の希望ある生活を目指してみませんか?😌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です