居酒屋でお得に飲む方法とは?【僕がよく実践する3つの方法をご紹介】

友人や知人、職場の上司や同僚と”飲む”といったらやはり居酒屋が第一選択になるのではないでしょうか?

しかし、居酒屋で飲むと意外と高くついてしまうことってありますよね?

そこで今日は居酒屋であってもお得に飲む方法をご紹介します💡

幹事となって飲み会をセッティングする

幹事になるだけだと、金銭的にお得になることはないのですが、次のようなことをすると節約に繋がります。

予約サイトを活用する

ホットペッパーやぐるなびなどの予約サイトからネット予約をすると、利用人数に応じてポイントが貯まります。通常、ホットペッパーだと人数×50ポイント、ぐるなびは人数×100ポイントなので、ぐるなびの方がこの点はお得ですね。(どちらも1ポイント1円で次回以降に利用可能です)

人数が多くなれば、ポイントもかなりのものになります✨

また、お店によっては割引クーポンやネット予約限定のコースなどがあるので、ぜひ利用したいですね!

クーポンによっては「8名以上のご利用で幹事様1名分無料」みたいな面白いものもあります。自分の分をこっそり浮かせる手もありますが、全員分の利用額を少し安くしてあげるのも一つです。どちらを選ぶにしてもお得に飲むことができますね😁

予約サイトごとに多少の違いがあるので、時間があるようであれば色々と比較をして、その後で決めてみるのも良いかもしれません💡

ミステリーショッパーとして居酒屋を利用する

ミステリーショッパーというのは、覆面調査員のことですね。

普通のお客さんと同じように買い物をしたりサービスを受けつつ、お店の雰囲気や店員さんの接客などをこっそり評価して、後日、レポートを提出して謝礼を受け取るというものです。

ちなみに僕がよく利用しているのは、「ファンくる」です。

覆面調査ミステリーショッパーのファンくる

他にもいくつかあるのですが、モニター自体が少なかったり、応募してもなかなか当選しなかったりであまりオススメはできないんですよね…そんなわけで、今回はファンくるだけを紹介しました💡

最近では結構多くの居酒屋も調査店舗になっています😲

ですので、もし幹事であれば一度、どんな居酒屋が対象になっているかを検索してみて、気に入ったお店があったら飲み会の会場にしてしまうというのもアリだと思います!

もちろん当たり前ではありますが、条件が満たされていなければ謝礼はもらえません。いくつか注意点がありますが、結構やりがちなのは以下の3点です。

  • 他サイトが発行するクーポンやサービスなどと併用できないことが多いが、使ってしまう。
  • 予約サイトからの予約が認められておらず、電話予約が必須という場合があるが、電話を掛け忘れる。
  • 金額証明のため、レシートが必要となるがもらい忘れる。あるいは誤って領収書を受け取ってしまう。

こういった部分にお気をつけください🙏

残念なのは、予約サイトを利用できなかったり、クーポンを使えないことが多いので、基本的に先ほどのワザを一緒に使えないんですよね。(時々使えることもあります!)

いずれにしても条件の確認はしっかりしましょう⚠️

ミステリーショッパーは多少制約があって、はじめのうちは難しく感じるかもしれません。しかし、謝礼自体は結構大きいので魅力は十分にあると思います😊

お得な時間を利用する

時間帯によって早割やハッピーアワー、逆に遅割といったタイムサービスがあります。

早割は、だいたい18時くらいまでの早い入店で割引サービスやクーポンを使えることが多いですね。

ハッピーアワーは、特定の飲み物が格安で楽しめるというパターンが多いですが、早割のように早い時間帯に実施されるケースが多いです。

遅割はだいたい21時以降に実施されるので、残業上がりのサラリーマンなどがちょっと飲むのに良いかもしれませんね😁

通常、お店が忙しい時間って18時〜21時なんですよね。逆にその前後は比較的空いているので、お客さんを呼び込むためのサービスとも言えますね!

クーポンや割引サービスが使えない場合はこういった部分も検討してみましょう💡

支払い方法を工夫する

支払いの際、クレジットカードやPayPayなどのQRコード決済を使うとポイントが付くので、利用も考えたいところです。特にPayPayなんかは時々大規模なキャンペーンを行っているので、期間中であれば尚更ですよね😅

ただ、同伴者の数が多いと金額も相当なので、使いづらいこともありますよね…

また、そもそも現金以外の決済ができないお店もあります。

したがって、利用したい場合は事前に調べておくのが無難でしょう😌

まとめ

今回は僕がよくやる方法を中心にまとめてみました😁

上で紹介した方法をちょっと取り入れるかどうかで倍くらい支払い金額が変わることもあります!

幹事になると大変な面もありますが、メリットも大きいことをご理解いただけたかと思います。次回の飲み会から積極的に幹事をやってみてはいかがでしょう?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です