バイロンベイ&ラミントン国立公園で癒される【オーストラリア回顧録】

<ラミントン国立公園にて>
⚠️ 現在オーストラリアでは新型コロナウイルスの影響で入国制限等が行われています
⚠️最新の情報にご注意ください

2018年8月3日(金)ーラウンド10日目

<バイロンベイの浜辺>

前日の夕方、シドニーを出発しまして、この日は日本人に人気の観光地“ゴールドコースト”へと足を伸ばします。

ただ、途中立ち寄った観光地“バイロンベイ”が素晴らしかったですね!
こちらも人気なのがよくわかりました!

⏬シドニー 編はこちら⏬

【バイロンベイに明け方到着】

明け方に到着したので朝日を拝むことができました!結構興奮しましたね😁

実はラウンドに出る前、ここに立ち寄るかどうかを考えていました。

というのもそこまで観光スポットが多くないんでね(苦笑)

しかし、オーストラリアで出会った友人が物凄く気に入った場所で、かなり勧められたので立ち寄ることにしたのです☝️

バスのルートを調べてみると、ちょうどこのバイロンで乗り継ぐパターンがあったんで、それを選択しました。

いやー正直来て良かったです!✨

乗り継ぎ時間は確か4〜5時間くらいあったので、有名な灯台まで歩くことに💡

↓この日は曇りで、途中ちょっと雨もパラついていたんですけど、それでも景観が素晴らしかったです😌

↓場所によっては遠浅で美しいエメラルドグリーンの海も😍

↓そしてプライベートビーチ感!良いですねぇ✨

友人がハマるのにも納得です(笑)

その後は海岸に沿って歩きました。

ちなみにこの場所には、オーストラリア本土最東端の場所があります💡

ちょっと看板地味よね(笑)

まあこんなもんか😂

その場所を後にして、もう少し歩きます。

そして見えました!これが有名な灯台ですね😀

やっぱり絵になりますねぇ〜

↓晴れていたら最高だったろうなぁ…それがちょっと残念でした😵

まあそれでも十分美しかったですけどね😁

数時間の滞在でしたが十分に堪能できました♪

少し名残惜しかったですけど、バスの出発時間が迫って来ていたので、足早に発着所へと戻りました。

ちなみに、街自体はちょっと寂しい感じというか治安がちょっと悪そうな感じ?がありましたね…

そんなわけで、僕は住むなら他の場所が良いなと思いました。贅沢言うようですけど(笑)

あと、どの街にもだいたいありますが、ストリートアートは素晴らしいですね!

↓このバイロンにもいくつかありましたよ♪

もちろん、数時間しか滞在していないのでもっと良さがあるとは思います🙃

何はともあれ、バイロンの灯台、それと景観については見ておくべきだと思いました!

そんな思いを胸にゴールドコーストへと向かいました。

【華やかな街ゴールドコーストへ】

こちらには夕方着きまして、この日はさっさと夕食を済ませて翌日に備えていた記憶があります。

このゴールドコーストですが、ブリスベンに10ヶ月住んでいたこともあり、何回か来たことはあります。
やっぱり雰囲気が大好きですね。来るたびにテンションが上がります😊

直前に来たのは、確かゴールドコーストマラソンに出場した時でした。
あの時は色々ありましたが、後になってみるとネタになります(笑)

ちなみにマラソン大会は毎年7月に開かれます。
興味ある方はこちらの記事もオススメです↓


2018年8月4日(土)ーラウンド11日目

<公園内にあるオーストラリアで初めて墜落した飛行機のレプリカ>

この日は世界遺産のラミントン国立公園に行ってきました😁

【まずはマウントタンボリン(Mount Tamborine)へ】

ラミントンへはツアーを利用して行ってきたのですが、まずその前にこのタンボリンに立ち寄りました💡

位置関係はこんな感じです↓

改めて見ると結構移動したんだなと思いました(笑)

この場所は周りが緑に囲まれ、自然豊かなところにあります。
しかし、”Gallery Walk”というだけあって、その名の通りたくさんのお店が集まっているんです!

出典:TapTrip

カフェやスイーツ、中でもワイナリーが多くて、テイスティングもできました💡

変わり種としては鳩時計のお店とかガラス細工のお店ですかね☺️

いやぁー本当に美しい✨

そんな感じでウインドウショッピングだけでも十分に楽しめました!

【ラミントン国立公園(Lamington national park)を散策】

続いてメインのラミントン国立公園です。
グリーンマウンテンなんて言われることもあるそうです😀

ここは「オーストラリアのゴンドワナ多雨林群」として世界遺産に登録されています。
非常に広大で埼玉県と同じくらいの面積らしいです(笑)

そんなわけでラミントンはその一部ということになります💡

ゴンドワナ多雨林というのは1〜3億年前にあったものです。
それが未だに残っているんだから…そりゃあ世界遺産にもなるわな!(笑)

ツアーはガイドさんと一緒に公園内を散策する感じでした。

この辺りにいる鳥はすっかり餌付けされていて、人間の姿を見つけるとすぐに寄ってきます😁

うーん可愛いですなぁ☺️

こちらは”締め殺しの木”ですね!

宿主となる木に絡むことでしか生きられないのですが、宿主はやがて締め殺され、自らも死ぬしかないというなんとも虚しい木です…もう少し賢い方法はなかったのだろうか(苦笑)

↓この辺りの木は亜熱帯のものが多いのでご覧の様に根っこが凄いんですよね!

ただ、中には暖帯、冷温帯の木もあるそうで、この場所の多様性がよくわかります。

続いてこちら。
↓鳥の巣といろんな青い物が点在しておりますが、アオアズマヤドリという鳥が作った物。

とにかく青い物が大好きで、メスのために集めるんだそうです!

↓その時は姿を見れませんでしたが、こんな鳥だそうです。

出典:National Geographic

最後の方に吊り橋を渡って景色を楽しみつつ、ツアーは終了となりました!

帰り道では野生のワラビーなんかも見られてちょっと嬉しかったです😄
運が良いとコアラも見れるそうです!

シティに戻ってきたのは夕方。
やはりここからの夕日は絶景ですわ✨

そんなゴールドコーストですが、翌日にはもう離れてヌーサという街を目指します!

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です